スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りバスボム

       バスボム(小)

フルタイムで仕事をしていた頃は、お風呂にお湯を溜めてゆっくり浸かるという習慣がなかった私。時間もないし、お風呂でゆっくりするという気分的な余裕もありませんでした。
それが今、お湯を溜めて好きな入浴剤を入れて浸かる愉しみにようやく気付きました。

入浴剤にもいろいろあります。
中でも私が好きなのは檜の香り。先日無印で購入した檜の入浴剤は、香りがいいです。でも、お湯の色があまり好きではありません。黄緑色の、いかにも入浴剤を入れました、という感じのお湯になるのです。
檜は乳白色とか、ほとんど透明に近い色であって欲しかった。。。

ところで、数年前に知人から一冊の本をもらったことを思い出しました。矢野あずささん(サイトがありました→http://ringaringa.net/about.html)という方の、手作り石けんとかクリームの本です。
もしかして、あれに入浴剤の作り方も載っていたかも・・・と思って開いてみると案の定、ありました。
さっそく足りない材料を買ってきて作ってみました。
私の手作り入浴剤第1号は「ミルク&ハニーバスボム」です。
その名の通り、粉ミルクとハチミツが入ります。うちには粉ミルクはないのでスキムミルクで代用。
他に、重曹、クエン酸パウダー、コーンスターチ(片栗粉で代用)が入っています。
この材料からお分かりの通り、どれも食べられる物からできています。
安心です。

     発泡中(小)

お湯に「とぽん」と入れてみると、しゅわしゅわしゅわ、と発泡が始まりました。泡をすくって香りをかいでみると赤ちゃんのにおいがします。
お湯を混ぜて、完全に溶かすと、お湯の色はほとんど透明でした。「ミルク」のイメージから、乳白色になることを想像してたけど、確かにあれだけの量じゃ白くはならないか。じゃ、乳白色になる入浴剤には何が入ってるんだ??なんて疑問が浮かんだり。
色は付いてないけど、なにも入れないのと比べると、お湯がとても柔らかでした。

いろんなレシピがあるようなので、また他も試してみようと思います。


【ミルク&ハニーバスボム】
 重曹…100g
 クエン酸パウダー…80g
 コーンスターチ…20g
 粉ミルク…20g
 はちみつ…小さじ1

 1.はちみつ以外の材料をボウルに入れ、泡だて器でよくかき混ぜる。
 2.1にはちみつを加え、練るようによく混ぜる。
 3.型に押し込むように入れ、そのまま1時間乾燥させる。


スポンサーサイト

テーマ : 手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル : 趣味・実用

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。