スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ジャム

      茶ガラス(ときときボウル) (20)(小)

今まさに、南高梅の旬ですね。
前回の万願寺ししとう同様、こちらも出回る期間が短いから、今のうちに!と、いろいろ作るのが毎年の恒例行事になりました。
今年の一品目はジャム。

          DSCN7514(小)

買ってきた梅をさらにうちで追熟させてコトコト煮ます。
酸っぱくて甘いジャムは、夏本番に向けて、暑さに負けない体を準備する手助けをしてくれるような気がします。
そういえば去年は梅のコンポートも作ったんだった。
市場から姿を消す前に後何回か梅を買わなきゃ。


スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

牛乳のめた。

       DSCN7196(小)

私が2年生から5年生まで通っていた小学校では、土曜日は「牛乳給食」っていうのがありました。
授業が終わって「帰りの会」の前に、みんなで牛乳を飲むという時間です。
寒ーい日は凍りそうに冷たい牛乳。こめかみがキーンと痛いぐらい。
そして暑い日はぬるくなった牛乳・・・。

毎週毎週の牛乳給食のおかげで・・・ついに牛乳嫌いになってしまった私。

でも昨日、飲めたんです、牛乳。
ドーナッツを食べようとしたその時、「これに合う飲み物は牛乳意外にあり得ない!」と、突如思って。
案の定、チョコレートがかかったドーナッツと牛乳の相性はばっちり。

なにも混ぜない、そのまんまの牛乳(カフェオレは大好きなんです)を飲んだのなんて、ほんとに牛乳給食以来でした。こんなこともあるんだな。
でも、ドーナッツがないと・・・牛乳単独ではやっぱり無理でした。

     シュシュ(小)

そして・・・形が似てるなぁ、と思って。
今日、はぎれで作ったシュシュ。単純作業が楽しくて、いっぱい作りたい衝動を抑えて今日は3つ。


テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

家具のちょっとしたリフォーム

       上から(小)

倉庫に眠っていた合板の黒いチェスト。
高さ1mほどの、この黒い家具がどうしても重たい印象で、部屋の雰囲気に勝ってしまうため、どうしても使う気になれませんでした。
いっそのこと捨ててしまおうかと思ったのだけど、この大きな物体がゴミになるのがどうも気が引けて・・・。
それで、リメイクすることにしました。
       
       全貌(小)

用意したのはリネン生地と木工用ボンドと両面テープ。
まだ寒い時期に取りかかって、時間のある時に少しずつ進めていって、先週ようやく完成。
空気が入らないように、布目が曲がらないように(できるだけね・・・)貼っていったら以前の雰囲気よりずっとやわらかくなって、ようやく他のものとの調和がとれました。
ただ、取っ手だけまだ付いていません。これから同じ寸法で、いい雰囲気のものを探します。それもまた楽しみの1つ。

そのものがいるかいらないかをじっくり吟味した後で、残すと決めたら自分の好みの姿に変えてしまうのもなかなかいいものですね。


集まるピンクッション

  ピンクッション(小)

最近、お友達がとっても素敵なピンクッションを作っていました。
レース編みが上手で、とてもセンスがいい彼女が生み出すものはいつも素敵で、遠くに住んでるからまだ写真でしか見たことがないけど、うっとりするほどです。

ふと気が付くと、最近私の周りにもピンクッションが集まってきました。
中でもずっと大事にしたいのが、妹に貰ったピンクッション。
まるでルビーの指輪のようなその姿。眺めているだけでも嬉しくなります。
指にはめてみても、縦長の形をしているので意外と繊細なイメージです。
飾っておいてもいいし、実用的でもあるこのピンクッション。妹自身も持っていて、おそろいです。

それから、以前からちょこちょこ作ってお友達にあげたりしてきたクルミの殻を使ったもの。
今回はリネンの生地に刺繍をして作ってみました。
なんとなく針が進むままに刺してみたのだけど、案外「模様」になってました。

ピンクッションは裁縫をしない人にとっては必要と感じられない道具でしょう。
だから余計に、裁縫をする人間にとって「私たちならではの道具」のような気がします。
コレクターになるつもりはないけど、素敵なピンクッションに出会えたら、またきっとそばに置いておきたくなるんだろうな。



テーマ : 雑貨 - ジャンル : 趣味・実用

四つ葉のクローバーとの出会い

      バテンレース (2)(小)

先週末は、クローバーとの出会いに恵まれました。
一つはバテンレースのクローバー。
前々から気になってたこのレース。
これまで、バッグや雑貨に取り入れられてるのを街でよく見かけました。でもそれ単体で売られてるのを見たことが無かったので、ネットで探してみると、ありました♪
しかも今回私が購入したのは、それを作るキット。
「クローバー」という名前のドイリーが2つ完成。
小さいのは、さっそくかごバッグに付けてみました。

四つ葉のクローバー(小)

もう一つのクローバーとの出会いは、ほんものとの出会い!
桜満開の公園で見つけました。
生まれてはじめての四つ葉のクローバー。それも、続けて2つも!
これには我ながらびっくり。

なんにも予期せぬタイミングでこんなに四つ葉のクローバーに出会えた春の始まり。乙女チックだけど、やっぱりなんとなく嬉しいですね。



テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

| TOP | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。