スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーズケーキは止まらない。

       DSCN7107(小)

夜、無性にデザートが食べたくなることってありませんか?
ゆうべがその日でした。
冷蔵庫にクリームチーズの買い置きがあること、知ってます。
卵もたっぷりあります。
お!マリービスケットもそういえばあったじゃない♪

ということで、ベイクドチーズケーキを焼くことにしました。

そうだそうだ、朝半分だけ食べたりんごが残ってた。
レンジで煮りんごも作って、と。

美味しい・・・!
クリームチーズ系のお菓子って、どうしてこんなに美味しいんでしょう。
ゆうべは荒熱を取ってちょっと冷蔵庫で冷ましていただきました。ほわほわです。
そして今日は冷蔵庫でしっかり冷えたのを。
ぎっしりで冷たくて美味しい(^-^*

シナモン風味のりんごのおかげで、どことなくさっぱり感も漂うベイクドチーズケーキ。
カロリー高いの分かってても「もうちょっと・・・!もうちょっと!」と1人で言いながら、ついつい食べてしまいます。



スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

日向夏でお菓子

      レアチーズケーキ(スティック)(小)

お正月明けからこの時期までの楽しみの一つ。日向夏。
そのみずみずしい果肉をいただくのが毎年の楽しみです。
今年はもう時期が終わってしまったけど、皮を刻んでピールにして大事に保存してあります。
八朔や甘夏のピールとひと味違う日向夏ピール。さわやかな酸味と優しい風味が、より生の柑橘類に近いような、そんなピールに仕上がります。

今回はそのピールを使ってレアチーズケーキを作ってみました。
濃厚なレアチーズの中から、後から広がる新鮮な柑橘の香り。
これはやっぱり日向夏ピールならではです。
もちろん他のピールでもおいしいけど、この時期だけのちょっと贅沢なお菓子。
旬が終わっても、もうしばらく日向夏の余韻に浸ることができる、この「余裕」みたいなものが幸せです。



テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

にんじんケーキ

     にんじんケーキ

ゆうべはにんじんケーキを焼きました。
このケーキは確か私が中学生の頃に母が作ってくれてたものです。何年もその存在を忘れてしまっていたのだけど、なぜか突然、数日前にその味を思い出し、どうしても食べたくなったのです。
それで、自分で書き留めてきたレシピ集の一番古いのを引っ張り出してページをめくると、ありました!アメリカのホストママからもらったノートに、その当時使ってた万年筆で、丁寧に書かれたレシピ。
お菓子にしても、料理にしても、自分で作ってみておいしいと思ったレシピって宝物です。こうやって20年近く経ってもその味を思い出し、そして再現できるのですから。
このケーキにはにんじんが丸ごと一本入ります。でもにんじんの香りはほとんどしません。
その代わり、大好きなシナモンの香りが。
オーブンが「チン!」と鳴って、扉を開けた瞬間のあの香り。写真でお伝えできないのがほんとに残念です。
一口食べると広がるシナモン。そして胡麻とくるみの風味が完全にマッチ。
ずっしり、しっとりしたそのおいしさは、とっても懐かしい味がしました。



洋酒漬けレーズンのパウンドケーキ

DSCF3422(小)


ゆうべは夕飯を食べた後、パウンドケーキを焼きました。
中に入れたのは、洋酒に漬けたレーズン。
しっかり漬かったレーズンは、ふっくら柔らかくて、しっかりとお酒の味がしみこんでいます。
ケーキを口に含むと、これまたしっかりお酒の香りが残っていてオトナの味です。

実はアルコールがまったく苦手な私。。。
ほとんど自分では食べられなくて、家族とお友達に食べてもらいました。

今度は紅茶に漬けたレーズンで作ろう。

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

きんかんの蜜煮

DSCF2054小


今年もきんかんの季節がやってきました。
甘~く炊いていただくのが、この時期の楽しみの1つです。
子供の頃はあまり食べれなかったけど、今では時期が終わる頃になるとたくさん作って、いたまないように注意しながら冷蔵庫で大事に保存するほど好きです。春、夏になっても楽しめます。

つやつやでとろとろのきんかんの実はもちろんのこと、蜜もいろいろと楽しめます。
朝ご飯のヨーグルトにたらり。
夕飯の和え物に少々。
ベッドに入る前のひととき、お湯で薄めてきんかん茶。

風邪も流行っているし、美味しく予防できたら一石二鳥です♪


 ** きんかんの蜜煮 **

  きんかん・・・400g
  水・・・800cc
  酒・・・大さじ2
  砂糖・・・200g
  はちみつ・・・適宜

  下準備:手をつけると熱いぐらいのお湯にきんかんをしばらくつけておく。
       きんかんを洗って、針できんかんにプスプスと穴をあける。

  1. 鍋にきんかん、水、酒を入れて弱火にかける。
  2. 温度が上がってきたら砂糖を加え、弱火でさらに煮ていく。
  3. 炊けたらはちみつを加え、そのまま置いて自然に溶かし、冷めたらできあがり。



| TOP | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。